生命保険比較比較は業界のタブー?

【生命保険の比較は長い間タブーだった】今では様々な分野の商品において比較広告はごく当たり前になっています。
したがって生命保険の比較も別に珍しくはなくなっています。
とは言え、生命保険の比較広告は1990年代後半までは法律で禁止されていたのです。
現在ではそうした法律はなくなったのですが、でもまだ一部ではタブー視されているのは否めません。
そのためなのでしょうか、金融庁は保険の比較広告に対する監督指針を次のように定めています<金融庁による保険の比較広告に対する監督指針>広告で比較表示を行う際は次の事項を含めた表示が必要になります。
①保険期間。
②補償内容。
③引受け条件(保険金額など)。
④各種特約の有無及びその内容。
⑤保険料率・保険料。
⑥保険料払い込み方法。
⑥払込保険料と満期返戻金との関係。
⑦その他保険契約者等の保護の観点から重要と認められるもの。
医療保険「短期払い」「終身払い」って?【違い・選び方とは?】